日本ファースト証券に関する詐欺被害情報一覧へ

詐欺被害事案対応事務所ピックアップ[PR]

檜調査事務所

資格情報 東京都公安委員会 探偵業届出番号 第30140289号
対応エリア 全国

泣き寝入りは絶対にダメ!!

あなたの笑顔を取り戻します ≪完全無料相談≫

悩んでいる時間はありません!まずは行動を起こすことから始めましょう。詐欺被害の調査はスピードが鍵となります。騙された?と思ったらすぐにお問い合わせ下さい。

※ インターネット通販に関する被害相談が多発しておりますが、弊社では対応できません。申し訳ありませんが、最寄の警察署又は消費者センターなどにお問い合わせ下さい。

詐欺被害のご相談や調査に関するお問い合わせはこちら

090 - 8565 - 9991

※最初に「詐欺被害速報」を見た、とお伝えいただくとスムーズです。

¥FREE完全無料相談
 

日本ファースト証券

※掲載情報に関しては、ユーザー様が投稿されたものになりますので、被害・詐欺行為の信憑性を保証するものではありません。 掲載情報に関する削除依頼は、お問い合わせフォームから削除依頼を申請することができます。

日本ファースト証券への口コミ情報が1件あります。

  1. 匿名 より:

    FXで多額の損失を被った宮城県利府町の60代の女性が 日本ファースト証券(東京)と担当社員に損失分と慰謝料など計約900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、 仙台地裁は5日、同社に約595万円の支払いを命じた。小野洋一裁判官は「賭博性を有する取引で公序良俗に反する」と述べた。 判決によると、女性は同社から電話で勧誘され、2004年8月―2005年11月、同社社員に「価格が上昇する」などと取引を促されて計2110万円を投資し、約535万円の損をした。 途中で解約を申し出ても、同社は「少しずつ良くなっている。(投資額を)増やす方向で考えてほしい」などと言って応じなかった。 小野裁判官は「FXは予測不可能な為替レートの変動で高額な損益が生じる射幸性の高い取引。 会社はレート設定の基準に客観的な証拠を示さず、 証拠金の預託先も明らかにしないなど、経済的合理性があった取引とは認められない」と指摘。 損失分に弁護士費用を加えた額の賠償を会社に命じた。ファースト証券は「(FXは)法令で認められた取引で、公序良俗違反とする判決の指摘は誤りと考えているが、敗訴を真剣に受け止め、会社のコンプライアンス態勢の充実強化に一層努めたい」とコメントした。
    2007年09月05日水曜日

口コミ情報を投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>