1番じゃなきゃ駄目なんですか?に関する詐欺被害情報一覧へ

詐欺被害事案対応事務所ピックアップ[PR]

檜調査事務所

資格情報 東京都公安委員会 探偵業届出番号 第30140289号
対応エリア 全国

泣き寝入りは絶対にダメ!!

あなたの笑顔を取り戻します ≪完全無料相談≫

悩んでいる時間はありません!まずは行動を起こすことから始めましょう。詐欺被害の調査はスピードが鍵となります。騙された?と思ったらすぐにお問い合わせ下さい。

※ インターネット通販に関する被害相談が多発しておりますが、弊社では対応できません。申し訳ありませんが、最寄の警察署又は消費者センターなどにお問い合わせ下さい。

詐欺被害のご相談や調査に関するお問い合わせはこちら

090 - 8565 - 9991

※最初に「詐欺被害速報」を見た、とお伝えいただくとスムーズです。

¥FREE完全無料相談
 

1番じゃなきゃ駄目なんですか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■目次

1,1番じゃなきゃ駄目なんですか?

2,今日の名言

3,編集後記:グループとチームの違い

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。

インターネット副業通信の金城たけしです。

今日もネット副業に役立つ情報をお伝えしていきます。

————————————-
■ 1番じゃなきゃ駄目なんですか?
————————————-

以前、あるお偉いさんが

「1番じゃなきゃ駄目なんですか?」

という発言をして話題になった事がありました。

1番になるという事は、非常に大事です。

私は、できる限り全ての事において1番を狙うようにしています。

ただ、考え方によっては2番の方が良いと思える事もあります。

芸能人の志村けんさんは1番より2番の方が良いと教えてくれます。

志村けんさんの心がけている処世術は、

「2等賞が本当の1等賞」だそうです。

常に全力投球していてはすぐに潰れる。

短い間1番手になるより

自分を出したり引いたりしながら、

2番手をキープした方が長続きする。

そういった意味だそうです。

まあ、でもネットで成果をあげるには、

まずは1番になれる事理想ですね。

どんなニッチ分野でも良いので

1ケ月だけ1番になるのが大事。

すると、業界で注目されるので、

良質な人脈と情報を手に入れることができます。

是非、あなたもどこかの分野で1番を狙ってください。

今┃日┃の┃名┃言┃
━┛━┛━┛━┛━┛

貧困は、人生という海の砂州であり、富は岩壁である。

幸福な人々は、その間をすり抜けて船を操っていく。

By ルートヴィヒ・ベルネ(ドイツの政治的作家)

編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

先日、グループとチームの違いについて聞きました。

グループ=「共通の性質で分類した人の集団」

チーム=「ある目的のために協力して行動するグループ」

人が集まればグループですが、

それだけではチームとは言えないのです。

特に深い考察は無いですが、

なるほどなぁーと思いました(笑)

————————————-
■ 当メルマガについて
————————————-

当メルマガは、

「インターネット副業で月10万円を稼ぐ方法」

をお伝えするメルマガです。

構成は3部構成になっています。

1,インターネット副業の最新情報(本編)

2,今日の名言

3,編集後記

基本的には「1」で最も重要な話をします。

是非、じっくりとご覧ください。

「2」は副業で稼ぐための心構えを短めにお伝えします。

ここも意外と重要だったりします。

世の中の見方が変わると思います!

「3」は私が個人的なことも含めて好き勝手に書きます。

興味がある方はご覧ください(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行元:インターネット副業通信 金城たけし

メール :kaneshiro@mail-report.com

○購読解除をご希望の方は
下記URLをクリックしてください。

https://area34.smp.ne.jp/area/cl/313403/2bAp0eeFfU75/M?S=mcrgm4mbsgli

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

※掲載情報に関しては、ユーザー様が投稿されたものになりますので、被害・詐欺行為の信憑性を保証するものではありません。 掲載情報に関する削除依頼は、お問い合わせフォームから削除依頼を申請することができます。

口コミ情報を投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>